Senior Human Resources Business Partner / シニアHRジェネラリスト(東京・大阪・神戸・在宅可)

Parexel International Corporation

Tokyo, Tokyo, Japan

<業務内容>

シニアHRジェネラリストは、ジェネラリストの要素とビジネスパートナーの要素の両方を兼ね備えた役割を担っています。HRビジネスパートナーチームに属し、ビジネスの戦略的ゴール達成をサポートするために、Compensation & Benefits, Employee Relations関連のジェネラリスト業務のみならず、グローバル主導もしくは日本国内で実施する人事プロジェクトをリード/運営するビジネスパートナー的なサービス提供など幅広い人事業務に携わります。また、人事として必要な労務実務の担当もありますので、労働法や就業規則を理解し、社員や部門からの問合せ、手続き処理を自分で管理し正確かつスピーディーに対応していただく必要があります。業務を遂行するうえで、各組織の部門長、社員、他の人事部門のメンバー、また外部機関の専門家や人事内の同僚など、多くの関係者と適宜連携しながら仕事を進めていきます。

【主な業務】

・入社・退職の手続き、管理・勤怠関連の手続き、管理・休職の手続き、管理・労働安全衛生関連(健康診断、衛生委員会など)・福利厚生プログラムの運用管理・在宅勤務制度の手続き、管理・就業規則管理、労基署など届出管理・有期雇用契約社員管理・派遣事業届出、運用管理・短期VISA・在留資格などの手続き、管理 など

HRビジネスパートナーとしての業務も部分的にご担当いただく予定です。・人事のプロとして、退職、福利厚生、安全衛生、労務問題等に関する適切なコンサルティングやサービスを提供する・グローバルのHRビジネスパートナーや他のCOE(Center of Expertise)の人事と連携し、給与、OD(組織開発)関連等、各種人事プロジェクトに対して、日本の担当者としてアサインされている業務に対して、自主的かつ積極的に遂行する など

定型業務は担当業務のおよそ70%、労務案件やプロジェクト的な案件対応が30%の割合になることを想定しています。幅広く複数業務を担当いただく中で、成長度合いに合わせて、ジェネラリスト・ビジネスパートナーとしての両面の経験を積んでいただけるようになることを考えております。

<求める知識/経験>

・労働関連法についての基本的な理解・人事職務で使われる専門的な用語についての理解・人事労務実務(HRジェネラリスト)としての経験が最低でも3年、できれば5年以上ある方・特に、入社から退職までに必要な社内手続き・社会保険等に関連する実務を経験したことがある方・PCアプリケーションソフト、社内システムを使って効率的に業務を遂行できる方(Excelは必須、最低でもvlookup, If, Pivot Tableを使ってデータ管理や進捗管理に活用することができる。 Word, Powerpointは、文書やプレゼン作成に必要な基礎的操作を理解していて、目的を説明されれば最初から自分で文書やプレゼンを作成できる。)・英語力(問い合わせや相談に対して、英語でのメールのやりとり、会議で発言できるレベル)

<求める資質>

・高いコミュニケーション能力、責任感、積極性・マルチタスクや分量の多い事務作業をスピーディーかつ正確に処理できる能力・個々の作業に対して、自分の中でタスクへの落とし込みや期限、関係者との調整などの段取りを考えられる能力・限られた時間や制約の中で、自分で考え行動を起こして結果につなげることができる力・外資系企業での就労経験があり、変化が多い環境やスピードが速くタイムリーさを求められる環境に抵抗のない方

2023-05-25

Apply to this job