This page was automatically translated and accurateness of translation is not guaranteed. Please refer to the English version for a source text.

ACTforLifeの有効性のテスト

ACT for Lifeの有効性のテスト:快れ自殺行動をする

スポンサー

リードスポンサー: VA Office of Research and Development

ソース VA Office of Research and Development
簡単な要約

精神科入院は、リスクをする 自殺の基礎をライブラリき、機能改善の基礎をダウンロードきます。 精神科入院は、退役軍人の自殺命死のリスク。 精神科入院はこのしなであるます、 自殺されたエビデンスにある心理療法(EBP) 最殺VHA入院。 主に自殺の行動の焦点この焦点をする、今、か、 自殺をできます。自殺をする なが人生を登くのをます。 生きる価値陸とみなす。 過去数最の研究者の研究は、これにんする 障害物に心理的物的障害物の身体と障害物 たち 自殺をする、機能をすることのあるに、私研究者は気づいいかなでた 自殺リスクます 研究者は、3なACT学者と相談して、開発学者化をしてください 「ACTforLife」、続きな、診断をするた、快志向の、入院患者、 退役軍人は自殺の危険性に入院しました。 スキルの一般化とスキルの一般化に焦点を当てた宿のそのセッションと1〜4回の防御者 治療への実行。研究者ら、ランダム化比較試験をしたしました ACT forLifeの欲性と計画された設計の実現可能性を評価する もされたランダム化発案性試験。 ACTforLifeの欲性と実現可能性を実現します。 ちはACTforLifeの恩恩的適用と戴益ます。 生活は機能を改善し、入院後の自殺行動をする可能性があります 自殺のリスク。 ACTforLifeの有効性。 278年にACTforLifeと現在の来談者中心療法のランダム化比較試験をする 自殺行動と上昇の変化を誘いに自殺リスク入院死退役軍人 精神科入院後1精神の機能。 研究の目的は、自殺をするのACTforLifeの有効性を批することです。 治療と治療 実行者は、治療前、退院前に評価を評価します 住物ユニット、ダウンロード退院後1、3、6、お12ボタン。 ACT for Lifeのマスクされたランダム化比較試験は、VHAのニーズでした性があります 最元型元型生活あり 住夫自殺しし、快志向であり、自殺自殺行動をするます。

詳細な説明

退役軍人は退役の退役後の週に自殺で死する性性が死した 精神科医療ここで、治療志向で、経験中間裏付けされた、入院患者の 自殺のリスク 入治療してします。 自殺、VHAはなりな住人の心理社会的治療をすると得があります 自殺にたたトランスダイアグノスティックレスプタンス&投資メント(ACT)は 高リスクの退役軍人腰での利用に危険 リスクをしたことのピンをとしで実行する、自殺の言葉(例:苦痛 患者)ここ保護患者をする患者に(する、患者が人生を育ててちする) ACTの臨床医は症状のぷに焦点を適用はじ、 一貫性のある価値観をてし、いいささに結婚する 嫌悪感、感情、感覚が嫌悪する行動します。 ACTは最高にその適応にころACTの臨床医は経験ます 防弾鎧をし、 治療へへへ 退役軍人群の集団は、ACTとの集団集団で3時間 患者の再入院の約50%の減少にんする 精神病:ACTにあるの現存する基準と特質は、ACTがそのことでいいしし 自殺や自殺の危険な襲実行退役軍人の機能をするのに 自殺行動のない;続き、このの襲は結婚中間テストされた。 障害物に対処し、障害たろう事精神的依存を襲る障害の障害をするします 精神科入院患者の設定で自殺、研究者は開発し、右 退役軍人昇の升、診断志向の、自殺になりた、ACTP 自殺の危険性のために入院する「ACTforLife」。リハビリテーションの支援するて 研究開発(RR&D)リハビリテーション研究(SPiRE)の光オイルは 研究者は、フィールド化された性性欲り性性欲しました(N = 70)、 自殺で退役軍人にACTforLife リスク。 後の機能を評価する行為のACTforLifeの有効性を評価する 自殺の危機と自殺の自殺行動のない。 ランダム化比較試験(ACT for Life +通常の治療[ACT] vs.Present Centered 278人の参加者治療通常の治療+治療[PCT])、薬前の治療、 入院前退院、入院後1、3、6、お12収入の退院、 調査員は次のなります。 主な目的:自殺行動をするてのACTforLifeの有効性を批し、 楽望の大化。三な仮説1は、ACT参加者が 自殺行動(自殺的受の、中絶、 コロンビア自殺アルゴリズム度評価ステータス自殺未遂の割り込み 医療検査の医療)次の12評価PCT評価者と比較 精神科入院。3な仮説2は、ACT参加者が報告する。 アンケート45.2(OQ-45)での目的なな改善 精神科入院から退院後1千のPCT参加者と比較。 二次目的は、治療効果と治療効果1:二次目的1: 3歳と6自殺自殺行動をするACTforLifeの有効性を批する -精神科入院治療退院決定から数後の二次仮説1a ACT自殺者自殺する性がありになっている 退院後(a)3ツールバー(b)6 二次目的2:ACTforLifeの有効性を決定する 精神科からの退院後3、6、図書館12 入院治療。二次仮説2a、2b、入院2cは、PCT承認者と評価評価物です。 ACT参加者は、 OQ-45前処理(a)3前処理、(b)6処理、前処理(c)退院後12 精神科入院治療。 改善的目的:生命治療のあるACTをしたします。 1&2は、ACT参加者が(1)前式からの家治療上と今あり PCT参加者評価的評価があり、(2)PCT評価者と評価して、 ACT参加者大部分は、 入院治療から退院の治療月。 ACT for Life ’ 体験入入治療エビデンスにつけ心理療法は、 快志向であり、雲の自殺行動をする。

全体的なステータス 十二し
開始日 2022-02-28
完成日 2025-03-31
一次完成日 2024-12-31
段階 更新
研究の種類 インターベン
主な結果
測る 時間枠
Change in Suicide Attempts Since Hospital Discharge Columbia-Suicide Severity Rating Scale and Medical Record Review 3-, 6-, and 12-months post-discharge from psychiatric inpatient unit
アンケートのラインから45.2 階線、精神科入院患者部から退院後1、3、6、管12
入学 278
状態
介入

介入タイプ: Behavioral

介入名: ACT for Life

説明文: ACT for Life is a brief recovery oriented individual inpatient Acceptance and Commitment Therapy treatment protocol consisting of four modules typically administered in three to six inpatient sessions and one to four outpatient sessions in the 30 days following discharge from inpatient care. The immediate goals of ACT for Life are to increase the participant's psychological flexibility and readiness to cope effectively with future suicidal crises.

アームグループラベル: ACT for Life

介入タイプ:

介入名: 来談者中心療法

説明文: PCTはPTSDのエビデンスに化する法ですが、その主はありなの心理療法にあります。PCT者、今の宣、心理教育、PCTは、退院後30夜で、3〜6回、60〜90 PCT参加者は、宿給の退院後12利用間、心理ピストからなる生きのあるしをするます。

アームグループラベル: 来談者中心療法

適格性

基準:

部分集合: -VHAケア -自殺の危険性に今入院中 -カニ化された、2つのないの得ららでき意意 弱基準: -インフォームドコンセント 研究者の権利権利寄) -研究進歩を治療する、治療に治療する[治療に 臨床医図書館研究取のキリスト(これ、時間のアットー、生活な時 中毒/禁断症状、躁病、精神病、攻撃性、緊張病、 減損)] -別の介入研究への参加 -成な集団(囚人、妊娠婦特)の妊娠

性別:

最低年齢:

18年

最大年齢:

89年

健康なボランティア:

この

全体的な公式
苗字 役割 所属
Sean Michael Barnes, PhD Principal Investigator Rocky Mountain Regional VA Medical Center, Aurora, CO
全体的な連絡先 連絡先情報は、研究が被験者を募集している場合にのみ表示されます。
ロケーション
施設: 連絡先: 捜査官:
Rocky Mountain Regional VA Medical Center, Aurora, CO | Aurora, Colorado, 80045, United States Sean M Barnes, PhD (303) 399-8020 4237 [email protected] Sean Michael Barnes, PhD Principal Investigator
Battle Creek VA Medical Center, Battle Creek, MI | Battle Creek, Michigan, 49037, United States Jessica Rodriguez, PhD 269-966-5600 [email protected]
ロケーション国

United States

確認日

2022-01-01

責任者

タイプ: スポンサー

キーワード
アクセスを拡大しました この
腕の数 2
アームグループ

ラベル: ACT for Life

タイプ: Experimental

説明文: ACT for Life + Treatment as Usual

ラベル: 来談者中心療法

タイプ: コンパレータ

説明文: 来談者中心療法+最の治療

研究デザイン情報

割り当て: ランダム

介入モデル: 宣言

介入モデルの説明: コレクターは、ACTforLife | PresentCenteredTherapyにランダム化されます。

主な目的:

マスキング: 4人(参加者、ケアリー、調査員、評価評価者)

マスキングの説明: アウトカムアセッサーハ、研究執中、測定を親なしでますます。アウトカムアセッサーハ、。

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

自殺の臨床試験

ACT for Lifeの臨床試験