BLAST MRD AML-2: 急性骨髄性白血病の測定可能な残存疾患を標的とする標準治療に PD-1 の BLockade を追加急性骨髄性白血病の場合

急性骨髄性白血病 2 (BLAST MRD AML-2) の測定可能な残存疾患を標的とする標準治療に PD-1 の BLockade を追加: ベネトクラクス、アザシタジン、ペムブロリズマブ (VAP) とベネトクラクスおよびアザシタジンを一次治療として用いた無作為化第 2 相試験不適格または集中化学療法を拒否する急性骨髄性白血病 (AML) の高齢患者における治療

スポンサー

リードスポンサー: National Cancer Institute (NCI)

ソース National Cancer Institute (NCI)
簡単な要約

この第 II 相試験では、アザシチジンとベネトクラクスの化学療法を併用した場合と併用しない場合の効果について研究しています。 ペムブロリズマブは、新たに診断された急性骨髄性白血病の高齢患者の治療に有効です。 アザシチジンやベネトクラクスなどの化学療法薬は、さまざまな方法で作用して 腫瘍細胞の増殖。細胞を殺すか、分裂を止めるか、または それらが広がるのを防ぎます。などのモノクローナル抗体による免疫療法 ペムブロリズマブは、体の免疫系ががんを攻撃するのを助け、 腫瘍細胞が成長して広がる能力。アザシチジンとベネトクラクスの化学療法を行う ペムブロリズマブを使用すると、より深い/より良い反応の率が高まり、 新たに診断された急性骨髄性白血病の患者に再発する白血病は、 アザシチジンとベネトクラクスのみの従来の治療法。

詳細な説明

第一目的: I. 最小残存病変 (MRD) が陰性の完全な患者の割合を評価する 寛解 (CR) (MRD-CR) または完全寛解と不完全な数の回復 (MRD-CRi) 最初の 6 サイクルでアザシタジン (AZA) + ベネトクラクス (VEN) とペムブロリズマブを併用し、比較 腕をコントロールする。 二次目標: I. 治験責任医師が評価した CR/CRi/部分寛解 (PR)/形態学的評価率を評価する 変更された国際作業部会 (IWG) 2003 によって定義された白血病のない状態 (MLFS) AZA + VEN とペムブロリズマブの反応基準、および MRD 陰性 MLFS の割合。 Ⅱ.部分的なカウント回復 (CRh) と血液学的改善を伴う完全寛解率 (HI) 赤血球と血小板に。 Ⅲ. MRD陰性になるまでの時間と、MRD陰性状態の持続時間、イベントのない生存を評価する (EFS)、無再発生存率 (RFS)、初回治療からいずれかの治療までの時間として計算 疾患の再発または死亡、奏効期間 (DOR、最初の CR/CRi から 最初に記録された再発または死亡の日付のいずれか早い方) および全体 サバイバル(OS)。 IV.重度の毒性を示す患者の割合を評価します。 探索目的: I. デュプレックス シーケンシング (DS) による MRD 評価および DS とマルチパラメータ フローの比較 探索的バイオマーカーとしての MRD 検出のためのサイトメトリー。 Ⅱ.免疫チェックポイントの発現と免疫細胞サブセットの動的変化の評価 急性期におけるチェックポイント阻害とバックボーンの組み合わせへの反応 骨髄性白血病 (AML)。 Ⅲ. T 細胞受容体 (TCR) Vb CDR3 領域のフローでのハイスループット シーケンシング 多様性に対する免疫療法の効果を評価するためのサイトメトリーでソートされた t 細胞サブセット t 細胞レパートリーの分析と臨床転帰との相関の評価。 IV.に関連するタンパク質シグネチャーおよびリボ核酸 (RNA) シグネチャーの調査 O-link サイトカイン パネルと RNA シーケンス (seq) をそれぞれ使用した応答と有効性。 V. との相関を評価するための全エクソームシーケンシングによる突然変異負荷の決定 臨床結果、免疫浸潤プロファイル、および T 細胞レパートリーの多様性 クローナリティ。 VI.治療前後のデオキシリボ核酸(DNA)メチル化パターンのプロファイリング 治療への反応との相関を評価するため。 VII.ベースラインでの腸内マイクロバイオームと臨床的マイクロバイオームの変化を相関させる 標準的な化学療法と免疫療法/化学療法の設定の両方での反応。 VIII.無細胞腫瘍 DNA を循環するためのデュプレックス シーケンシング戦略を使用した MRD 評価および 長期アウトカムとの相関。 概要: 患者は 2 群のうち 1 群に無作為に割り付けられます。 ARM I (AZA + VEN): 誘導療法フェーズ: 患者は 10 ~ 40 分かけてアザシタジンを静脈内 (IV) 投与されます。 またはサイクル 1 の 1 ~ 7 日目に皮下 (SC) および 1 ~ 28 日目にベネトクラクス経口 (PO) および その後のサイクルの 1 ~ 21 日または 1 ~ 28 日。治療は 28 日ごとに最大 6 サイクル繰り返されます。 病気の進行または許容できない毒性がないこと。 維持療法フェーズ: 患者は 10 ~ 40 分かけてアザシタジンを静脈内投与するか、数日間は皮下投与を受けます。 サイクル 1 の 1 ~ 28 日目に 1 ~ 7 およびベネトクラクス PO、および後続のサイクルの 1 ~ 21 日または 1 ~ 28 日に投与。 病気の進行がない場合、サイクルは 28 日ごとに最大 3 年間繰り返されます。 許容できない毒性。 24サイクルの完了後、治療に反応した患者または 安定した疾患 (SD) がある場合は、医師の裁量により治療を継続できます。 ARM II (AZA + VEN + PEMBROLIZUMAB): 誘導療法フェーズ: 患者は、周期の 8 日目にペムブロリズマブの IV を 30 分かけて投与されます。 1 およびサイクル 2-6 の 3 週間ごと、10-40 分以上のアザシタジン IV、または 1-7 日目の SC、および サイクル 1 の 1 ~ 28 日目にベネトクラクス PO を投与し、その後のサイクルの 1 ~ 21 日または 1 ~ 28 日に投与します。処理 疾患の進行がない場合、28 日ごとに最大 6 サイクル繰り返す、または 許容できない毒性。 維持療法フェーズ: 患者は 8 日目にペムブロリズマブ IV を 30 分かけて投与されます。 サイクル 1 およびサイクル 2 ~ 6 では 3 週間ごと、10 ~ 40 分かけてアザシタジン IV、または 1 ~ 7 日目には SC、 およびベネトクラクス PO は、サイクル 1 の 1 ~ 28 日目、およびその後のサイクルの 1 ~ 21 日または 1 ~ 28 日目に投与されます。 治療は、疾患の進行がない場合、28 日ごとに最大 24 サイクル繰り返されます。 許容できない毒性。 24サイクルの完了後、治療に反応した患者または SD がある場合は、医師の裁量により、アザシタジンとベネトクラクスによる治療を継続することができます。 治験治療の完了後、患者は 6 か月ごとに最大 3 回までフォローアップされます。 年。

全体的なステータス 採用
開始日 2020-08-03
完成日 2021-08-01
一次完成日 2021-08-01
段階 フェーズ2
研究の種類 介入
主な結果
測る 時間枠
アザシタジン (AZA) + ベネトクラクス (VEN) と MK-3475 (ペムブロリズマブ) による最小残存病変陰性完全寛解 (MRD-CR) または不完全な数回復を伴う MRD 完全寛解 (Cri) の患者の割合 最大6サイクル(各サイクルは28日)
二次転帰
測る 時間枠
重度の毒性を発現する患者の割合 サイクル2まで(各サイクルは28日)
入学 76
状態
介入

介入タイプ: Drug

介入名: Azacitidine

説明文: Given IV or SC

介入タイプ: 生物学的

介入名: ペムブロリズマブ

説明文: 与えられたIV

アームグループラベル: アーム II (AZA、VEN、ペムブロリズマブ)

介入タイプ:

介入名: ベネトクラクス

説明文: 与えられたPO

適格性

基準:

組み入れ基準: -新たに診断され、病理学的に確認された、以前に治療されていないAML 世界保健機関 (WHO) の基準 二次 AML (骨髄異形成症候群) [MDS]/AML、治療関連 [t]-AML) も許可されます。 [EB]2 発芽率 > 10%) は除外されますが、以前の MDS に起因する AML は許可されます。注: 患者は、吸引または生検に骨髄が関与している証拠を持っている必要があります。 髄外疾患のみで骨髄病変がない場合は除外されます。 で中央流量評価のためのアスピレートを取得するためにあらゆる努力をする必要があります。 スクリーニングとその後のすべての必要な時点、ただし、場合によっては有気音 収集することはできません-ドライタップを含む-患者は除外されず、 評価は、末梢血 (PB) で実行されます。 骨髄 (BM) が採取されるたびに ・治療内容により強力化学療法が適応できない患者 医師の評価、または強力な化学療法を拒否する人 - 米国東海岸がん臨床試験グループ (ECOG) のパフォーマンス ステータス = < 2 (カルノフスキー >= 60%) - レナリドマイド、赤血球生成刺激剤 (ESA) の以前の使用、および成長 以前の MDS の治療に使用される場合、因子は許可されます。AML は以前に治療されていない必要があります - ヒドロキシ尿素は、白血球増加症に対して許可されています。白血球 (WBC) 数は、< 25 x 10^4/L ベネトクラクスのラベルに従って研究療法を開始する. 試験治療開始の 1 日前までに投与 - 中リスクまたは低リスクのAMLおよびEuropean LeukemiaNetによる好ましいリスク (ELN) 「リスクの高い」細胞形成プロファイル (つまり、存在の欠如 細胞遺伝学または蛍光 in situ による t(8;21)、(inv[16] または t[16;16])、または t(15;17) の ハイブリダイゼーション [FISH]) - クレアチニン = < 1.5 x 正常値の上限 (ULN) または測定または計算されたクレアチニン クリアランス (CrCl) >= 60 mL/min のクレアチニンレベル > 1.5 x 施設 ULN - クレアチニン クリアランス (CrCl) は、機関の基準に従って計算する必要があります。 - クレアチニンまたは CrCl の代わりに、糸球体ろ過量 (GFR) を使用することもできます。 - 総ビリルビン =< 1.5 x ULN または直接ビリルビン =< 総ビリルビン患者の ULN ビリルビンレベル > 1.5 x ULN - アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ (AST) (血清グルタミン酸-オキサロ酢酸トランスアミナーゼ [SGOT]) および アラニンアミノトランスフェラーゼ (ALT) (血清グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ [SGPT]) =< 3 x ULN OR =< 5 x 肝転移患者のULN - ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 陽性の患者は、参加できます。 次の資格要件を満たしていること: - 抗レトロウイルス療法で安定していて、健康でなければならない HIVの観点から - 患者の HIV ウイルス量が検出不能である必要があります。 -C型肝炎ウイルス(HCV)感染の病歴のある患者は治療を受けている必要があります 現在治療中の HCV 感染患者の場合、 HCV ウイルス量が検出できない場合は適格です。 慢性 B 型肝炎ウイルス (HBV) 感染では、HBV ウイルス量が検出されないようにする必要があります。 必要に応じて抑制療法 - 大手術を受けた患者は、十分に回復している必要があります。 治療開始前の介入による毒性および/または合併症 - 妊娠の可能性のある女性患者は、尿または血清が陰性でなければなりません 治験薬の最初の投与を受ける前の 72 時間以内の妊娠検査。 尿検査が陽性または陰性であることが確認できない場合は、血清妊娠 妊娠の可能性がある女性とは、 性的指向、または卵管結紮術を受けたかどうか、 以下の基準: 1) 子宮摘出術または両側卵巣摘出術を受けていない。または 2) 少なくとも 24 ヶ月連続して自然に閉経していない (つまり、 過去 24 か月間でいつでも月経があった)。 の女性患者 妊娠の可能性がある人は、適切な避妊方法を喜んで使用する必要があります。 治験薬の最終投与後 120 日までの治験期間中。 妊娠の可能性のある男性患者は、適切な方法を使用することに同意する必要があります。 避妊、試験治療の最初の投与から120日後まで 研究療法の最後の投与。注: これが通常であれば、禁欲は許容される 患者のライフスタイルと希望する避妊 - インフォームド コンセントの書面を理解する能力と、署名する意思があること。 意思決定能力に障害のある参加者 (IDMC) 法定代理人 (LAR) および/またはご家族の方もご利用いただけます。 適格 除外基準: - コア結合因子 (CBF)-AML および急性前骨髄球性白血病 (APL) の患者 - 試験前 4 週間以内に抗癌モノクローナル抗体 (mAb) を事前に受け取った 登録されているか、回復していない (回復はベースラインまたは =<グレード 1 として定義されている) 4 週間以上前に投与された薬剤による有害事象 (AE) - 抗 PD-1、抗 PD-L1、または抗 PD-L2 剤による以前の治療 - 化学療法、標的小分子療法( イマチニブ、ダサチニブ、またはニロチニブ、ヒドロキシウレア、または全トランス型レチノイン酸 [ATRA])、または 4 週間以内の放射線療法 (ニトロソウレアまたはマイトマイシン C の場合は 6 週間) 研究に入る - 左心室駆出率 < 50% のいずれかで心エコー図または マルチゲート取得(MUGA) - 以前の抗癌治療により AE から回復していない患者 (すなわち、 残留毒性 > グレード 1) ただし、 =< グレード 2 の神経障害および 脱毛症 - 注: 参加者は、すべての放射線関連の毒性から回復している必要があります。 コルチコステロイドが必要で、放射線肺炎を患っていない。A 1 週間のウォッシュアウト 非中央部への緩和放射線 (=< 2 週間の放射線療法) が許可されている 神経系 (CNS) 疾患 - 現在参加し、治験治療を受けている、または治験に参加したことがある患者 治験薬の研究で、治験治療を受けたか、 治療の最初の投与から 4 週間以内の治験用デバイスは不適格です。 - ペムブロリズマブ (MK-3475) またはその賦形剤に対する過敏症の病歴、または この研究で使用された他の薬剤 - 全身性コルチコステロイドまたは免疫抑制剤の現在の使用 - 例外: 低用量のステロイド (例: < 0.5 mg/kg/日、絶対最大 40 mg/日プレドニゾンまたは同等量の他のステロイド)、吸入 コルチコステロイド、または局所ステロイドは許可されています - その他の活動性の原発性悪性腫瘍(非黒色腫性皮膚がんまたはがんを除く) 子宮頸部の in situ) 治療を必要とするか、予想される生存期間を 2 年未満に制限する - 注: 以前に悪性腫瘍の病歴がある場合、他の治療を受けてはいけません。 特定の治療(がんに対するホルモン療法以外) - 活動性中枢神経系疾患および/または癌性髄膜炎の患者。 脳脊髄液 (CSF) は、以下がない限り、研究に登録する必要はありません。 CNS 関与の臨床的疑い。ただし、CSF 評価が 何らかの理由で、CSF に活動性白血病の証拠があってはなりません。 以前に治療された脳転移は、それらが安定している場合に関与する可能性があります ( の初回投与の少なくとも 4 週間前の画像検査による進行の証拠 プロトコル治療と神経学的症状がベースラインに戻った)、 新規または拡大している脳転移の証拠であり、少なくともステロイドを使用していない プロトコール治療の 7 日前。 この例外には、癌性のものは含まれません。 臨床的安定性に関係なく除外される髄膜炎 - 以前に同種移植を受けた患者 - 何らかの状態、治療、または実験室の病歴または現在の証拠がある患者 試験の結果を混乱させる可能性のある異常、被験者の 治験の全期間中参加する、または最善の利益にならない 治験責任医師の意見で参加する被験者 - 免疫不全と診断された患者、または大量の全身ステロイドを受けている患者 治療またはその他の免疫抑制療法のいずれかの形式は、7 日前 治療の最初の投与 - 甲状腺機能低下症の患者を除く活動性自己免疫疾患の患者および 過去 2 年間に全身治療を必要とした白斑 疾患修飾剤、コルチコステロイドまたは免疫抑制剤)。 治療(例えば、サイロキシン、インスリン、または生理学的コルチコステロイド補充療法) 副腎または下垂体機能不全など) は、全身性の形態とは見なされません。 処理 - 非感染性肺炎の既往歴があり、使用が必要な患者 ステロイドまたは現在の肺炎 -活動性の制御されていない感染症の患者 - 活動性結核(結核菌)の既往歴のある患者 - コントロールされていない併発疾患を有する患者 - 遵守を制限する精神疾患/社会的状況を有する患者 研究要件 - ペムブロリズマブ (MK-3475) が有効であるため、妊娠中の女性はこの研究から除外されています。 催奇形性または流産作用の可能性があるヒト化抗体。 乳幼児における有害事象の未知の潜在的リスクがあるため ペムブロリズマブ(MK-3475)による母親の治療に続いて、母乳育児 母親がペムブロリズマブ(MK-3475)で治療されている場合は中止する必要があります。 潜在的なリスクは、この研究で使用された他のエージェントにも適用される可能性があります - 骨髄病変のない患者 (すなわち、髄外のみに病変がある患者) 疾患) - 先行 MDS に対して低メチル化剤 (HMA) 治療を以前に受けた患者 - 試験治療開始予定日から 30 日以内に生ワクチンの接種を受けた患者 - 注: 注射用の季節性インフルエンザワクチンは、一般的に不活化インフルエンザです。 ワクチンであり、許可されています。ただし、鼻腔内インフルエンザワクチン(例:Flu-Mist) 弱毒生ワクチンであり、許可されていません ・免疫抑制療法等が必要な活動性溶血性貧血の患者 薬理学的治療 クームス試験で陽性であるが、その証拠がない患者 溶血は参加から除外されません .

性別:

すべて

最低年齢:

60年

最大年齢:

該当なし

健康なボランティア:

番号

全体的な公式
苗字 役割 所属
Amer M Zeidan Principal Investigator Yale University Cancer Center LAO
全体的な連絡先

苗字: Amer Zeidan

電話: 203-737-7103

Eメール: [email protected]

ロケーション
施設: 状態: 連絡先: 捜査官:
MedStar Georgetown University Hospital | Washington, District of Columbia, 20007, United States Recruiting Site Public Contact 202-444-2223 Catherine E. Lai Principal Investigator
Northwestern University | Chicago, Illinois, 60611, United States Recruiting Site Public Contact 312-695-1301 [email protected] Shira N. Dinner Principal Investigator
University of Kansas Cancer Center | Kansas City, Kansas, 66160, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
University of Kansas Cancer Center-Overland Park | Overland Park, Kansas, 66210, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
University of Kansas Hospital-Westwood Cancer Center | Westwood, Kansas, 66205, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
Johns Hopkins University/Sidney Kimmel Cancer Center | Baltimore, Maryland, 21287, United States Recruiting Site Public Contact 410-955-8804 [email protected] Ivana Gojo Principal Investigator
Siteman Cancer Center at West County Hospital | Creve Coeur, Missouri, 63141, United States Recruiting Site Public Contact 800-600-3606 [email protected] Geoffrey L. Uy Principal Investigator
University of Kansas Cancer Center - North | Kansas City, Missouri, 64154, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
University of Kansas Cancer Center - Lee's Summit | Lee's Summit, Missouri, 64064, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
University of Kansas Cancer Center at North Kansas City Hospital | North Kansas City, Missouri, 64116, United States Recruiting Site Public Contact 913-588-3671 [email protected] Kenneth Byrd Principal Investigator
Washington University School of Medicine | Saint Louis, Missouri, 63110, United States Recruiting Site Public Contact 800-600-3606 [email protected] Geoffrey L. Uy Principal Investigator
Siteman Cancer Center-South County | Saint Louis, Missouri, 63129, United States Recruiting Site Public Contact 800-600-3606 [email protected] Geoffrey L. Uy Principal Investigator
Siteman Cancer Center at Christian Hospital | Saint Louis, Missouri, 63136, United States Recruiting Site Public Contact 800-600-3606 [email protected] Geoffrey L. Uy Principal Investigator
Siteman Cancer Center at Saint Peters Hospital | Saint Peters, Missouri, 63376, United States Recruiting Site Public Contact 800-600-3606 [email protected] Geoffrey L. Uy Principal Investigator
Dartmouth Hitchcock Medical Center | Lebanon, New Hampshire, 03756, United States Recruiting Site Public Contact 800-639-6918 [email protected] Swaroopa Yerrabothala Principal Investigator
Wake Forest University at Clemmons | Clemmons, North Carolina, 27012, United States Recruiting Site Public Contact 888-716-9259 Daniel R. Reed Principal Investigator
Wake Forest Baptist Health - Wilkes Medical Center | Wilkesboro, North Carolina, 28659, United States Recruiting Site Public Contact 888-716-9253 Daniel R. Reed Principal Investigator
Wake Forest University Health Sciences | Winston-Salem, North Carolina, 27157, United States Recruiting Site Public Contact 336-713-6771 Daniel R. Reed Principal Investigator
University of Oklahoma Health Sciences Center | Oklahoma City, Oklahoma, 73104, United States Recruiting Site Public Contact 405-271-8777 [email protected] Adam S. Asch Principal Investigator
ロケーション国

United States

確認日

2021-02-01

責任者

タイプ: スポンサー

アクセスを拡大しました 番号
腕の数 2
アームグループ

ラベル: Arm I (AZA, VEN)

タイプ: Active Comparator

説明文: INDUCTION THERAPY PHASE: Patients receive azacitadine IV over 10-40 minutes or SC on days 1-7 and venetoclax PO on days 1-28 of cycle 1 and days 1-21 or 1-28 of subsequent cycles. Treatment repeats every 28 days for up to 6 cycles in the absence of disease progression or unacceptable toxicity. MAINTENANCE THERAPY PHASE: Patients receive azacitadine IV over 10-40 minutes or SC on days 1-7 and venetoclax PO on days 1-28 of cycle 1 and days 1-21 or 1-28 of subsequent cycles. Cycles repeat every 28 days for up to 3 years in the absence of disease progression or unacceptable toxicity. After completion of 24 cycles, patients who respond to treatment or have SD may continue treatment per physician discretion.

ラベル: アーム II (AZA、VEN、ペムブロリズマブ)

タイプ: 実験的

説明文: 誘導療法フェーズ: 患者は、サイクル 1 の 8 日目にペムブロリズマブ IV を 30 分以上投与し、サイクル 2 ~ 6 では 3 週間ごとに、アザシタジン IV を 10 ~ 40 分以上、または皮下投与を 1 ~ 7 日目に、ベネトクラクス PO を 1 ~ 28 日に投与します。サイクル 1 およびその後のサイクルの 1-21 日または 1-28 日目。治療は、疾患の進行や許容できない毒性がない限り、28 日ごとに最大 6 サイクル繰り返されます。 維持療法フェーズ: 患者は、サイクル 1 の 8 日目にペムブロリズマブ IV を 30 分以上投与し、サイクル 2 ~ 6 では 3 週間ごとに、アザシタジン IV を 10 ~ 40 分以上、または皮下投与を 1 ~ 7 日に投与し、ベネトクラクス PO を 1 ~ 28 日に投与します。サイクル 1 およびその後のサイクルの 1-21 日または 1-28 日目。治療は、疾患の進行や許容できない毒性がない限り、28 日ごとに最大 24 サイクル繰り返されます。 24 サイクルの完了後、治療に反応するか SD を有する患者は、医師の裁量により、アザシタジンとベネトクラクスによる治療を継続することができます。

研究デザイン情報

割り当て: 無作為化

介入モデル: 並行割当

主な目的: 処理

マスキング: なし(オープンラベル)

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

Clinical Research News