入院中の患者の歩行の改善

院内感染障害の予防:高齢者の歩行を改善するための介入

スポンサー

リードスポンサー: University of Wisconsin, Madison

協力者: Aurora Health Care
Agency for Healthcare Research and Quality (AHRQ)

ソース University of Wisconsin, Madison
簡単な要約

ランダム化されたMOVIN(システムベースの介入による高齢の成人患者の動員) 対照試験は、改善に対するMOVIN介入の影響を評価するように設計されています 高齢の成人入院患者の機能的能力と彼らのヘルスケアの低下 入院後の利用。 MOVIN は、患者の歩行を増加させながら、 入院。この研究の仮説は、MOVINが の看護実践と文化に変化をもたらすことによって入院した高齢の成人患者 入院患者ユニットでの歩行。 MOVINはユニットベースの介入です。したがって、すべての患者は このユニットは、実装されたかどうかに関係なく、一度実装されると介入にさらされます。 彼らは裁判に参加します。この研究では、合計320人の入院参加者が登録されます65 滞在期間中、年齢以上。

詳細な説明

入院中の高齢者の最大65%は、 彼らの入院。独立した歩行の喪失は、 院内感染障害であり、患者の安全上の重大な懸念事項であり、永続的な結果をもたらします 退院後1年の高齢者の50%の機能喪失。機能喪失は 新しいナーシングホームの33%の増加を含む複数の否定的な結果に関連する 配置、入院期間の延長、在宅医療サービスの必要性、転倒、 介護者の負担、生活の質の低下、および死亡率の増加。急速に与えられた 高齢者人口の増加、主に 病院でのケアのプロセスは、将来の医療費を大幅に増加させ、 患者ケアの質に関連する懸念をさらに悪化させます。 入院中の歩行の欠如は、独立性の喪失に直接関連しています 高齢者の歩行。看護師は、患者を促進し、維持する責任があります 独立したモビリティ。しかし、調査員の調査では、複数の個人が特定されています 看護師が患者を歩くことを妨げる組織的な障壁。捜査員は、 改善するための新しいシステムベースのマルチコンポーネント介入を開発し、パイロットテストしました 高齢者の歩行、システムベースの高齢者患者の動員 介入(MOVIN)。 MOVINは、次の5つのコンポーネントで構成されています。1)精神運動スキルトレーニング。 2) コミュニケーション ツール。 3)歩行経路; 4)歩行リソース。および5)ユニット 歩行文化。 MOVINの調査員パイロット研究は統計的に実証しました 患者の歩行の頻度と週ごとの距離の大幅な増加、および 看護実践とユニット文化の変化。特に、これらの変更は 研究の完了後2年以上。 研究者の目標は、入院中の高齢者の自立歩行の喪失をなくすことです。 大人。この目標を追求するための具体的な目的は次のとおりです。 1. MOVIN の有効性をテストして、高齢成人患者の機能的能力を改善します。 退院、および退院後1、3、6か月。 2. MOVINの有効性をテストして、高齢者の医療利用を減らします。 退院、および退院後1、3、6か月。 3.看護師の行動とユニット文化の変化を測定し、進行中のシステムの障壁を特定します これは、入院病棟やさまざまな病院での MOVIN の変換に影響を与えます。

全体的なステータス 採用
開始日 2021-03-10
完成日 2025-06-01
一次完成日 2024-06-01
段階 該当なし
研究の種類 介入
主な結果
測る 時間枠
Change in gait speed Within 24 hours of hospital admission, Within 8 hours of hospital discharge, 3 months post-discharge; Up to 4 months total
日常生活動作(ADL)に関する自己報告の変更 入院から24時間以内、退院から8時間以内、退院後1か月、退院後3か月。退院後6ヶ月;合計7ヶ月まで
生活空間評価の変化 入院から24時間以内、退院から8時間以内、退院後1か月、退院後3か月。退院後6ヶ月;合計7ヶ月まで
二次転帰
測る 時間枠
Hospital Readmissions 1 month post-discharge; 3 months post-discharge; 6 months post-discharge; Up to 7 months total
緊急治療室への訪問 退院後1ヶ月;退院後3ヶ月;退院後6ヶ月;合計7ヶ月まで
Astma to przewlekła choroba powodująca zwężenie dróg oddechowych. Osoby z astmą mogą wystąpi świszczenie, klatki piersiowej w klatce piersiowej i trudności w oddychaniu. Astma jest główny problem zdrowia publicznego wśród Portorykańczyków, badniki badań w celu ustalenia dziedziczności i środowiska na chorobę w tej części. Uczyć się więcej Jeśli chodzi o te związki, to badanie zbada wpływ niektórych genów i genów na temat rozwoju i ciężkości astmy u dzieci z Puerto Rico. W tym badaniu obserwacyjnym rekrutowane będą z astmą, jak i dzieci bez astmy. W trakcie badania ucznia spotkają się z personelem badawczym. Pierwsza wizyta odbędzie się miejsce w domach uczniów. Uczestnicy wypełnią ankiety dotyczące danych demograficznych, układ oddechowy i ogólny stan zdrowia oraz charakterystyka gospodarstw domowych. Badanie czynności płuc, pobór krwi, a także kurz domowy odbędzie się o godz wizyta domowa. Druga, wizyta odbędzie się w ośrodkach gospodarczych. Podczas tej rozmowy uczestnicy przejdą testy alergiczne na skórze i test prowokacyjny na metacholinę Ocenianie odcinków dróg oddechowych i ciężkość astmy. Test prowokacyjny na metacholinę będzie polegają na wdychaniu mgiełki przez ustnik i silnym dmuchaniu do specjalnego instrumentu zwany spirometrem. Rodzice poproszeni o podanie informacji o swoich dzieciach szkenie na zwierzęta domowe we wczesnym okresie życia. Każda wizyta potrwa około 1,5 godziny i będzie zaplanowane blisko wejścia ucznia do badań. 退院後3ヶ月以内;合計で最大4か月
排出先 退院後3ヶ月以内;合計で最大4か月
入学 320
状態
介入

介入タイプ: その他

介入名: MOVIN

説明文: MOVINは、病院ユニットで同時に実装される5つのコンポーネントで構成されるマルチコンポーネントユニットベースの介入です。 5つの要素は、1)精神運動スキルトレーニング、2)ユニット歩行文化、3)コミュニケーション、4)リソース、5)歩行環境です。

アームグループラベル: 介入後

適格性

基準:

組み入れ基準: -65歳以上 -支援の有無にかかわらず歩くことができます -入院前にコミュニティに住んでいる(長期ケアではない) -歩行順序があります -病院の一般成人医療ユニットに入院 -英語を話し、理解することができます。 除外基準: -成年後見制度を有効化 - 認知症診断 -下肢切断 -末期診断(コンフォートケア) -ホスピスについて - 床上安静または活動制限 -車椅子行き

性別:

すべて

最低年齢:

65年

最大年齢:

該当なし

健康なボランティア:

番号

全体的な公式
苗字 役割 所属
Linsey M Steege, PhD Principal Investigator University of Wisconsin, Madison
全体的な連絡先

苗字: Linsey M Steege, PhD

電話: 608-263-5191

Eメール: [email protected]

ロケーション
施設: 状態: 連絡先:
UW Health-University Hospital | Madison, Wisconsin, 53792, United States Not yet recruiting Kip Schick, DPT 608-220-7550 [email protected]
Aurora St. Luke's Medical Center | Milwaukee, Wisconsin, 53215, United States Recruiting Mary Hook, PhD 414-219-5203 [email protected]
ロケーション国

United States

確認日

2021-06-01

責任者

タイプ: スポンサー

キーワード
アクセスを拡大しました 番号
腕の数 2
アームグループ

ラベル: Pre-intervention/control

タイプ: No Intervention

説明文: 160 older adult patients (age 65 or older) will be recruited on four units across two hospitals (two units per hospital) over 6 months prior to implementation of the unit-based MOVIN intervention.

ラベル: 介入後

タイプ: 実験的

説明文: MOVINがユニットに実装されてから6か月間、160人の高齢の成人患者(65歳以上)が2つの病院の4つのユニット(病院ごとに2つのユニット)で募集されます。

研究デザイン情報

割り当て: 無作為化

介入モデル: 順次割り当て

介入モデルの説明: この研究では、不完全な段階的ウェッジクラスターランダム化比較試験を使用しています。不完全な段階的ウェッジ設計では、入院患者ユニットはランダムに順番に介入されます。ベースライン(管理期間)と2つのフォローアップデータ収集期間(介入期間と介入後期間)が各ユニットで発生します。不完全な段階的ウェッジクラスターランダム化試験は、システムまたは集団レベルで評価を完了する必要がある場合、または介入を展開することが非現実的または法外な場合に、実用的な設計を使用してサービス提供介入を評価するのに特に有益な新しい研究設計です。同時に複数のユニット。

主な目的: 防止

マスキング: シングル(参加者)

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

Clinical Research News