This page was automatically translated and accurateness of translation is not guaranteed. Please refer to the English version for a source text.

下腿三頭筋の筋腹でのストレス後の神経筋適応

下腿三頭筋の筋腹と比較士神経幹に適用された神経筋電気検査下下の神経筋適応:ランダム化比較試験

スポンサー

リードスポンサー: University of Brasilia

協力者: University of Burgundy

ソース University of Brasilia
簡単な要約

評価研究は、中枢神経系の評価の評価を評価することを評価と事 下腿三頭筋の筋肉腹への電気刺激の裏 下腿三頭筋の脛骨神経と自発決運動、下腿三頭筋 脛骨神経の刺激性の別の目的 研究は、坐骨神経痛になり 8得の乱後上腕三頭筋、脛骨神経刺激、脛骨神経刺激、 健康な人に。

詳細な説明

化されたランダム化比較試験は、大学生一致分割されてんますます 度3にクリックされた:聴集団(GC)、評価パルスパルス(PLR)、 の時間後の非応答者長パルス群(PLNR)ダウンロードパルスパルス群(CP) 帯。筋肉の構造(筋肉の厚さ、羽状筋の角度、筋束の長さ) 下腿三頭筋、H反射性M波テスト(中枢圧四頭筋)をする 貢献)、糸房の腓腹筋の筋電図 下腿三頭筋と下をする 不快気分 等尺性運動は、次のようにあります。 界変数。ここの集団で、変数変数が6回評価されます。 到前、中中、加後、24円(8勝)で構成ます。 神経筋刺激刺激(NMES)ベッド筋肉刺激に3回刺激す なり、2外守してしますはづ、自主務 対照群実行ます。

全体的なステータス 十二し
開始日 2019-04-15
完成日 2021-12-01
一次完成日 2020-01-01
段階 更新
研究の種類 インターベン
主な結果
測る 時間枠
Change from Baseline Central contribution (H reflex) after 15 minutes of acute session of electrical stimulation. Baseline and after 15 minutes of electrical stimulation in the acute session.
電気の反射後のベースラインクラスター(H反射)からの反射。 階線電気電気取8得の負後。
電気のレビュー登録の15分後のベースラインピストン(M波)からの ファイラインコーリストで15階の電気刺激後
電気的刺激電気8得のストレス後のベース電気せ受け(M波)からの今 ワイヤーライン電気電気徴8得の円後
電気計8得の負のベースライン自発トルクからの変化 ワイヤーライン電気電気徴8得の円後
電気電図8得の負のベース筋電図信号からの変化 ワイヤーライン電気電気徴8得の円後
二次転帰
測る 時間枠
Change from Baseline Evoked torque after 8 weeks of training with electrical stimulation Baseline and after 8 weeks of training with electrical stimulation
不快不快気分後後の不快気分からの ワイヤーライン電気電気徴8得の円後
入学 60
状態
介入

介入タイプ: Other

介入名: Voluntary exercise

説明文: The participants will perform 36 maximal voluntary contractions, 3 times per week for 8 weeks.

アームグループラベル: Voluntary exercise

介入タイプ: 他の

介入名: デジパルスレスポンダーケース

説明文: 刻者は、次の化割を使用して36回の測定をするします:パルス周期(100Hz、パルス取時間1ms、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8あり。

アームグループラベル: デジパルスレスポンダーケース

介入タイプ: 他の

介入名: デジパルスノンレスポンダーケース

説明文: 刻者は、次の化を使用して36回の測定をするします:パルス周期(100Hz、パルス取時間1ms、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8回。

アームグループラベル: デジパルスノンレスポンダーケース

介入タイプ: 他の

介入名: パルス

説明文: 刻者は、次の定割りを使用して36回の速をするします:パルス周期(100Hz、パルス供給時間250μs、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8秒。

アームグループラベル: パルス

適格性

基準:

部分集合: -国際談票贈と、身体中間活動的であると分類された。 身体活動、 -身体活動をする、 -圧縮トルクの30%をなりします(黄色自発的等尺性収縮中 NMES -筋力トレーニングをするずに3多重間。 弱基準: -テストをすること性のあるある種の骨格筋機能障害を入力し、 -筋肉矯正骨神経のNMES持続不耐を決定、鎮痛薬を使用し、 抗うつ薬、精神安定剤 -心血管四極血管の病気、慢性病、 の完全な実行をするなう神経非愛情 研究研究。

性別:

最低年齢:

18年

最大年齢:

30年

健康なボランティア:

健康なボランティアをする

全体的な公式
苗字 役割 所属
João Durigan, PhD Study Director University of Brasilia
全体的な連絡先 連絡先情報は、研究が被験者を募集している場合にのみ表示されます。
確認日

2019-03-01

責任者

タイプ: プリンシパルインベスティゲーター

調査官の所属: ブラジリア

調査官の氏名: João Luiz Q. Durigan

調査官の肩書: 理学療法士助教

キーワード
アクセスを拡大しました この
腕の数 4
アームグループ

ラベル: Voluntary exercise

タイプ: Experimental

説明文: The participants will perform 36 voluntary contractions of 20% of maximal voluntary isometrical contraction, 3 times per week for 8 weeks.

ラベル: デジパルスレスポンダーケース

タイプ: 実験

説明文: 参加者は、次の化割を使用して36回の測定をするします:パルス電流(100Hz、パルス取時間1ms、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8ます。 実は、急性のレスポンダーになります。

ラベル: デジパルスノンレスポンダーケース

タイプ: 実験

説明文: 参加者は、次の化割を使用して36回の測定をするします:パルス電流(100Hz、パルス取時間1ms、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8ます。 実は、急性の非応答者になります。

ラベル: パルス電流

タイプ: 実験

説明文: 参加者は、次の定許容を使用して36回の限界をするします:パルス周期(100Hz、パルス供給時間250μs、トン:6秒、トフ:18秒)、週に3回、8秒。

研究デザイン情報

割り当て: ランダム

介入モデル: 宣言

主な目的:

マスキング: 評価(評価者、評価者、評価評価者)

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

イの臨床試験

Voluntary exerciseの臨床試験