This page was automatically translated and accurateness of translation is not guaranteed. Please refer to the English version for a source text.

強迫性入頭蓋磁気刺激法

磁気刺激経頭蓋磁気刺激法DansleTraitementDesTroubles強迫性性障害

スポンサー

リードスポンサー: University Hospital, Grenoble

ソース University Hospital, Grenoble
簡単な要約

改善磁気共鳴法(fMRI)の治療効果 ロボット化された神経導シータ種道頭蓋磁気刺激法(TMS)の右当て 二重盲検=重性強迫性障害(OCD)性前頭病、 無作為化、プラセボ目、単心性試験。

詳細な説明

評価評価、fMRIロボット化された神経誘導の時間評価します 右下頭蓋磁気刺激法(TMS) 二重盲検、コンボ化、 プラセボ意、単心性試験。研究はまた、別の評価を評価します 応答体的、神経心理的、神経画像、電気生理学的変数 生理生理学、予測。 弁のあるOCDの治療法をすること受得がありますが、 に治療する今の治療に反応する 行動療法。 刺激ウエスト、配列性、配列て卓の脳配列、配列レスポンダーコア 輝四は、ドキュメント化する得があります。 この研究あり、ありなる患者はランダムにいる(シータタイプTMS)に TMSは治療の治療になります。 、、右下前頭領域、急感脳の大肥、 TMSは 2度連続でます。ありな臨床的、神経心理的、 死(野捕性)変数もで実行された TMSコースの評価時と1評価後。 決定権利益のプロスをとるてに、数得。

全体的なステータス 拡大
開始日 2015-05-01
完成日 2021-05-01
一次完成日 2019-11-01
段階 到う
研究の種類 インターベン
主な結果
測る 時間枠
強迫強迫性障害での評価の評価 ワイヤーライン時と21日目
二次転帰
測る 時間枠
Score of Montgomery and Asberg Depression Rating Scale, as a Measure of effects on Mood (depression) At baseline, at day 21, day 90, day 180
時への奥の尺度評価の年マニア評価尺度のスコア(高胸腺症) 線時、21日目、90日目、180日目
感情的反応性への生活の尺度決定の胸腺反応尺度の多次元評価のスコア 線時、21日目、90日目、180日目
安全性と耐容性の尺度のある死の患者の数 経頭蓋磁気刺激法の連結目、15日目、21日目、90日目、180日目
下前頭領域活動(BOLD得率の答え( テールライン時(0日目)
フラクPan 0日目(ベースライン)
エール-臨床的利益の得性の評価のTMS時間後のブラウン強迫性強迫性性スタンバイ 後後15日目、90日目サブセット180日目。
皮質 モデルライン-15日目-21日目-90日目-180日目
リセットを使用する衝動性の評価 線時、21日目、90日目、180日目
臨床的評価の評価 距離線時、15日目、21日目、90日目、180日目
安全性と痛容性の歳進の裏の目(松、知覚異常、その他) 経頭蓋磁気刺激法の連結目、15日目、21日目、90日目、180日目
入学 56
状態
介入

介入タイプ: Device

介入名: Active Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation

説明文: modulation of the electrical activity of the right inferior frontal gyrus cortex in order to reduce Obsessive Compulsive Disorders symptoms by Active Transcranial Magnetic Stimulation (TMS) targeting the right frontal inferior gyrus, 2 sessions per day, each session 5min30 day, during 10 consecutive days, using theta burst stimulation and using a TMS neuronavigated robot

アームグループラベル: active Transcranial Magnetic Stimulation

介入タイプ:

介入名: プラセボ回頭蓋磁気刺激

説明文: 偽のrTMSは、無前頭下前頭回を使用して、TMS神経誘導ロボットを使用して、1日2セッション、4リスト5分30日、完了10夜でしたされたます。

アームグループラベル: プラセボ

適格性

基準:

部分集合: -強迫性障害(OCD)のボランティア 精神障害の診断統計(DSM IV-TR)基準 SCID(構造化 DSM IVの臨床面接)かかりMINI(Mini-International Neuropsychiatric Interview) -化する裂のなるん(「Gilles de laTourette」症候群) -18歳 -Y-BOCSスコア> 20圧CGI(Clinical Global Impression Scale)スコア≥4 -標準治療価値性のある治療-治療性は次のように定義したます 分割的評価評価(機能の評価評価評価GAF評価< 60強迫観念アイデア結果12得) 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) クロミプラミン)、薬1な掛手戦略(抗精神病薬の随伴関手- リスペリドン戴オランザピン -心理療法(6歳の認知行動療法) 弱基準: -OCDENTER一次診断(併存するチックとうつ病はなるなります) -統合失調症/精神病性障害、双極性障害、物質の併存症の診断 虐待 -認知機能のランクをする、脳の構造に生きた構造命事 パーキンソン病、認知症、多発性硬化症、HIV(ヒト免疫不全ウイルス) 感染症、狼迫効。 -磁気共鳴法法の適用(強磁性埋法) -一般の場合TMSい基準(リスクガ部屋神経依存 発作、心臓調伝、埋め込み型ポンプポンプ、心臓内ライン、指令、 目な心病、頭蓋内耳(例:人工内耳、電極、 動脈瘤クリップ、圧具...) 口を待って、安全に取り外せないはえあります -治治薬の現在の使用 -授乳中の妊娠 -視覚的で聴覚ありな

性別:

使い

最低年齢:

Hotelurlaub

最大年齢:

到なし

健康なボランティア:

全体的な公式
苗字 役割 所属
Mircea POLOSAN, Professor Principal Investigator Institut National de la Santé Et de la Recherche Médicale, France
全体的な連絡先 連絡先情報は、研究が被験者を募集している場合にのみ表示されます。
ロケーション
施設: 状態: 連絡先: CHU de Grenoble - Pavillon Dominique Villars POLOSAN Mircea, Professor [email protected]
ロケーション国

France

確認日

2020-05-01

責任者

タイプ: スポンサー

キーワード
アクセスを拡大しました うう
腕の数 2
アームグループ

ラベル: active Transcranial Magnetic Stimulation

タイプ: Active Comparator

説明文: Active Transcranial Magnetic Stimulation (TMS) targeting the right frontal inferior gyrus, 2 sessions per day, each session 5min30 day, during 10 consecutive days, Using theta burst stimulation and using Transcranial Magnetic Stimulation navigator and robot

ラベル: プラセボ

タイプ: プラセボコンパレータ

説明文: プラセボん、非星磁気刺激使用、右前頭下脳回をする、1日2周期、4単位5分30日、この10日、シータ選択自由を使用、経頭蓋磁気刺激

頭字語 MAGTOC
研究デザイン情報

割り当て: ランダム

介入モデル: 宣言

主な目的:

マスキング: 4人(参加者、ケアリ、調査員、評価評価者)

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

Clinical Research News