が傷痕の予防のシリコーンゲル対タマネギゲルゲル

が傷痕の予防のシリコーンゲルとタマネギゲルの比較:ランダム化比較試験

スポンサー

リードスポンサー: CHA University

ソース CHA University
簡単な要約

肥厚性傷しケロイド傷傷、手術後の傷の約39%から68%に来します。ザ・ 傷傷跡の患者の傷跡は、患者のこと、 手術の保険を失った手術します。 不快感ますます 減損。肥厚性傷ケロイド治療の治療な治療がありします。 若内ステロイド注射、削皮術、圧迫、外科的切除を襲、 薬療法、構成療法、圧髄、圧炭酸ガスアブレーション。 来た、治療は来回の訪問が得られた。 肥厚性傷ダウンロードケロイドの傷跡は、ありの管理をしにちます。 利用増殖プロのゲル、シリコーンゲルとタマネギ抽出物ゲルが販売された 手術痕の手術と手術を評価する。 ゲルの有効性を考えた 続き予防のシリコーンゲルとタマネギゲルの比較研究 肥厚性ケロイド傷跡。 シリコーンゲルとタマネギ抽出物ゲルの有効性を比較する 患者肥厚性傷傷の患者。研究者はまた、患者を比較しました 2ゲル化比較と副作用。

全体的なステータス 完了
開始日 2013-04-01
完成日 2014-05-01
一次完成日 2014-02-01
段階 続き3
研究の種類 インターベン
主な結果
測る 時間枠
瘢痕スケール(VSSおよびBIQ) 手術後3ヶ月
入学 90
状態
介入

介入タイプ: Drug

介入名: Silicone gel Kelo-cort™;

アームグループラベル: Silicone gel

介入タイプ:

介入名: タマネギエキスContractubex™

アームグループラベル: タマネギエキス

適格性

基準:

部分集合: 1. 18歳以上、 2.アジア人、 3.ここで3cmの外傷外科的傷、 4.妊娠検査で妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査妊娠検査 男性4月月の月経月)、 5.インフォームドコンセントと質問票をする。 柔軟基準: 1.腹腔鏡下フット足前の矯正傷痕の無手術 (LESS)手術のうち自然開口部越経管腔手術(注); 2.フィスポンの外科的性的傷傷女性 3.静脈に肥厚性ケロイド傷痕の病歴定義女性 4.化学療法剤治療用度他の薬を治療する女性 ステロイドの傷 5.糖尿病、結性皮膚障害の併存疾患のある女性(例: 強皮症)、にして活動性の皮膚病 6.シリコーン表タマネギにバのある女性。

性別:

女性

最低年齢:

18年

最大年齢:

75年

健康なボランティア:

番号

ロケーション
施設: CHA Gangnam Medical Center
ロケーション国

Korea, Republic of

確認日

2019-08-01

責任者

タイプ: プリンシパルインベスティゲーター

調査官の所属: CHA大学

調査官の氏名: Taejong Song

調査官の肩書: 教授

アクセスを拡大しました 番号
腕の数 3
アームグループ

ラベル: Silicone gel

タイプ: Experimental

説明文: Silicone gel (Kelo-cort™; Advanced Bio-Technologies, Silverdale, WA, USA) From the day of suture removal, the treatment was applied three times daily for 3 months.

ラベル: タマネギエキスジェル

タイプ: Aziatische studie met atomoxetine bij volwassen proefpersonen met aandachtstekortstoornis met hyperactiviteit (ADHD)

説明文: タマネギ抽出物ゲル(Contractubex™; Merz Pharma、フランクフルト、ドイツ)縫合糸を除去した日から、治療を1日3回、3か月間適用しました。

ラベル: через канал

タイプ: 介入なし

説明文: 無治療群に割り当てられた被験者は、局所的な瘢痕皮膚軟化剤を投与されなかった。

研究デザイン情報

割り当て: ランダム

介入モデル: 宣言

主な目的: 予防

マスキング: は(参加者、調査員、評価評価者)

This information was retrieved directly from the website clinicaltrials.gov without any changes. If you have any requests to change, remove or update your study details, please contact [email protected]. As soon as a change is implemented on clinicaltrials.gov, this will be updated automatically on our website as well.

Clinical Research News